HONDA PCX タコメーターの取付 Vol.1

HOME - GARAGE - PCX - Tachometer

デイトナのデジタルタコメーター

今回はPCXにタコメーターを取り付けたいと思います。

PCXのようなスクーターは自動変速なので

エンジンの回転数が分からなくても普通に走れますが

駆動系のチューニングを行う時には必須のアイテムですね。

タコメーターの取付は一見ハードルが

高いように思える作業かもしれませんが

誰にでも取付出来るように

必要以上に細かく説明するので安心してください。

今回用意したアイテムは

デイトナのHGデジタルタコメーター(72815)です。

ボタン電池で駆動するイージータイプもありますが

HG(ハイグレード)タイプは車体の電源と接続するので

バックライトが点灯するのが特徴です。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にしてね。

 
デイトナのタコメーター

タコメーター本体の重量は75gととても軽量です。

 
デイトナのデジタルタコメーター

車体に取り付ける前にまずは部屋で下ごしらえを行います。

タコメーターの配線は2分割されていて

青と白の線がエンジン回転数のパルス信号を読み取る線で

赤と黒の線がバッテリーに接続する線で

そこに紛れている茶色の線が

ACC(アクセサリー)電源と接続する線です。

 
ACC電源の端子

まずは電源の線から作業を行いたいと思います。

車体側のコネクターにダイレクトに接続して

ACC電源を取るので茶色の線に端子を取り付けておきます。

端子は住友の090型端子を使います。

090型はバイクの防水コネクターに使われている端子です。

 
ACC電源の端子

3~5ミリほど被覆を剥きます。

プロはナイフで被覆を剥いたりしますが

素人の方は電工ペンチを使うと簡単ですよ。

くれぐれも中の銅線を切り落とし過ぎないように。

 
JF81型PCXタンデムステップ

090型の端子を固定します。

専用工具を使えば簡単ですが

ラジオペンチ等でも一つずつ端子のヒダを折りまげてやると

配線に固定出来ますよ。

これで電源を接続する準備が整いました。

 
タコメーター配線

次はエンジン回転数を読み取るパルス信号の配線です。

タコメーターから伸びた配線には

先ほど作業をした電源関係の線を接続する白いコネクターと

パルス信号を読み取るPLUGと書かれた黄色い線と

IG/ECUと書かれた白い線がありますが

PLUGの黄色い線の方は今回使わないので

ビニルテープ等で絶縁しておきます。

 
プラグからパルス信号

PLUGの黄色い線の方は

このようにプラグコードに線を巻き付けて

エンジンの回転情報を読み取るのに使いますが

エンジン回転情報が荒く飛び飛びになってしまい

正確じゃないので使わない方が良いです。

 
イグニッションコイルの分岐配線

今回はIG/ECUと書かれた白い配線を使い

イグニッションコイルの配線からパルス信号を読み取るので

イグニッションコイルの配線から分岐させる配線を作ります。

過去に作ったパターン1としてはこんな感じですね。

ダブルのギボシ端子を使った分岐配線の例です。

今回、PCXに接続するにあたって

IG/ECUの白い線の長さ的には余裕があるので

黒い線の部分を省略して白い線を

直接ギボシ端子の分岐に繋げても大丈夫です。

 
イグニッションコイルの分岐配線

そしてさらに分岐の配線を簡単にしたのがこのパターンです。

線が二つくっついたダブルコードを使って分岐させた例で

今回はこれでイグニッションコイルの配線に接続させます。

 
エーモン配線

分岐させる配線には0.5sqのダブルコード

250型の平端子のオスメスを使います。

ダブルコードがない場合は普通の線を

2本使っても大丈夫ですよ。

 

まずは100ミリほどのダブルコードを用意します。

この線の長さも、タコメーターからの配線に

余裕がないのなら長く取りますが

PCXの場合は余裕があるので短くても大丈夫です。

今回は絶縁スリーブを使うので真っ先に

線にスリーブを通しておきます。

それから先ほどやった作業と全く同じで

被覆を3~5ミリほど剥いて

250型平端子のオスとメスを配線に接続します。

 

タコメーター側のIG/ECUの白い線に接続する方には

一つの平端子に二つの線を接続せさせます。

 

分岐配線の端子に合わせて

タコメーター側の白い線にも

平端子を固定させます。

真っ先にスリーブを通しておいてください。

 

同じように平端子を固定します。

 
イグニッションコイルの分岐配線

この状態で車体のイグニッションコイルの配線の間に

接続させるだけです。

これで部屋での配線の下ごしらえは終わりです。

え?線を作るのがめんどくさい?

その場合はデイトナから

分岐させる線が出ているので買って下さい。

 

Vol.1 > Vol.2 > Vol.3 > Vol.4 > Vol.5 > Vol.6

 

HOME - GARAGE - PCX - Tachometer