HONDA モンキー125 ブロックタイヤの装着 Vol.1

HOME - GARAGE - Monkey125 - Block tires

モンキー125フロントブロックタイヤ

今回はモンキー125のタイヤを交換します。

マルチパーパス的な純正タイヤから

ブロックタイヤに替える事で

未舗装道路でのトラクション能力を高め

モンキー125をオフロード化させます。

今回用意したのはまずはフロント側の

DAYTONA(デイトナ)のマキシス M6024 120/70-12 51J(75136)です。

モンキー125の純正と同じ80扁平は設定されていないので

70扁平に落とす事でタイヤの外径が小さくなり車高が少し落ちます。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にしてね。

 
モンキー125リアブロックタイヤ

リア側はマキシス M6024 130/70-12 56J(75137)で

フロント側より10ミリ幅が広いのでその分少しだけ値段が上がります。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考に・・

 

モンキー125の純正タイヤと比べてみると

こんな感じでブロックの隙間と高さが違います。

 
マキシスM6024-120/70-12

まずはタイヤ単体の重量を量ってみると

フロント側のブロックタイヤは約2.8Kgでした。

 

モンキー125純正のフロントタイヤ(120/80-12 65J)の

重量は約3.6Kgでした。

つまり約800gの軽量化が出来ます。

これは相当大きい軽量化ですよ。

 

リア側のブロックタイヤを量ると約3Kgでした。

フロント側と比べて10ミリ幅が広がった分だけ

200gほど重くなっていますね。

 

モンキー125純正のリアタイヤ(130/80-12 69J)の

重量は約4.2Kgでした。

つまりリア側は約1.2Kgの軽量化が出来ます。

これは思わぬ効能ですね。

 

それではさっそくブロックタイヤに履き替える作業を行いますが

途中で挫折をしてもバイクを購入したディーラーに

タイヤとホイールを自動車に積んで持ち込めば何とかなりますが

基本的に、タイヤの持ち込みは嫌がられるので

出来るだけ作業を進めてからお願いした方が良いですね。

タイヤの履き替え作業の行程としては・・

1.ホイールからタイヤを外す。

ここで挫折すると、そのまんまタイヤの持ち込みになるので

かなり嫌がられる可能性が高いです。

 

2.ホイールへのタイヤの組み込み

ここで挫折すると、空のホイールとタイヤを持ち込む事になり

タイヤを外す分の工賃が浮くので

作業工賃がちょっとだけ安くなる可能性はありますが

まだ持ち込みの領域なのであまり良い顔はされません。

 

3.タイヤのビート上げ作業

もうここまで来るとたとえ挫折をしたとしても

ホイールに新しいタイヤがセットされている状態なので

タイヤの持ち込みとはならない状態なので安心ですね。

この作業はコンプレッサーで空気を入れるだけなので

ディーラーに持ち込んでも無料でやってくれる可能性が高いです。

 

4.ホイールのバランス調整

ここで挫折をしても胸を張ってディーラーに持っていける状態なので

1本1000円程度で普通に作業をしてくれます。

 

ちなみにディーラーにホイールを持ち込む時は

車体はこうゆう状態になります。

リアは普通にメンテナンススタンドを使えばいいのですが

フロント側はエキパイ部分で

長時間リフトアップさせるには不安定なので

フロントフォークの下に受け皿を用意する事で

安定させる事が出来ますよ。

リアのメンテナンススタンドにも念の為に

スイングアームと結束バンドで固定する事で

万が一の保険を掛けることが出来ます。

 

それでは作業を進めていきますが

まず、タイヤの履き替え作業には

60cm×60cmくらいの分厚い敷物が必須アイテムです。

あと、ビートを落とす時やタイヤを組む時に

ホイールを床から底上げするブロックが2つあれば便利ですね。

 

タイヤレバーは主に平たい棒のタイプ

上の写真の先がスプーン形状になっている物があります。

平たいタイヤレバーの方が圧倒的に価格が安いのですが

スプーン形状のタイヤレバーの方が明らかに使いやすく

ホイールを傷つけにくいですよ。

メジャーなのはKTCのタイヤレバーですが

写真のTONEのタイヤレバーの方が安いです。

 

Vol.1 > Vol.2 > Vol.3 > Vol.4 > Vol.5

 

HOME - GARAGE - Monkey125 - Block tires