HONDA MC33 VTR CBR250とNinja250との比較2

HOME - GARAGE - VTR - 250cc三つ巴対決

足つき性・・

足つき性を順番にすると

VTR > CBR250R = Ninja250 の順ですね。

CBRとNinjaは、身長170センチの私でも

両足がベッタリ床に付きますが

VTRは2台に比べ、明らかにシート高が低く

両足がベッタリ床に付くのはもちろんですが

膝が少し曲がるくらいの余裕があるので

シートに座りながらバックしたり

歩いたりする時などに余裕があります。

 

夏場の地獄度・・

VTR > Ninja250 > CBR250Rの順ですね。

販売されている全てのバイク全体から考えると

この3台はどれも熱風を気にするほどの

レベルではありませんが

CBR250Rは車体からの熱を全く感じません。

Ninja250は、足下に少し熱を感じる程度です。

VTRはV型2気筒なので、座っているシートの

真下にエンジンヘッドとエキゾーストがあり

信号で止まると、そこからの熱を感じます。

ネイキッドなのが幸いで走れば全く気にならないです。

もし、フルカウルのVTRが発売されだとすれば

正直、夏場は乗りたくないですね・・

 

サスペンション・・

乗り心地を順番にすると

VTR > CBR250R > Ninja250 の順ですね。

CBRとNinjaのサスペンションのセッティングは

非常に似ていて、VTRと比べると両方とも硬いです。

CBRの方がNinjaよりシートの厚みがあるので

その分、乗り心地では若干ですがNinjaより良いです。

VTRは、シートのクッションの厚みもありますが

サスペンション自体のセッティングが柔らかいので

2台に比べると、異次元の乗り心地です。

 

比較1 > 比較2 > 比較3 > 比較4