HONDA モンキー125 ドライブスプロケットの交換 Vol.1

HOME - GARAGE - Monkey125 - Drive sprocket

モンキー125ドライブスプロケット

今回はモンキー125のドライブ(フロント)スプロケットを交換します。

フロント側のドライブスプロケットはリアとは効果が反対で

歯数を増やすとハイギヤードになり

減らすとローギヤードになります。

今回用意したアイテムは

キタコのドライブスプロケット(420 15T)で

純正スプロケットと同じ歯数です。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にして下さい。

 
モンキー125純正スプロケット

モンキー125の純正ドライブスプロケット(15T)は109gでした。

 
キタコスプロケット15T

キタコの420 15Tは89gです。

肉抜きされているので純正と同じ15Tでも

20gほど軽量化出来ます。

 
キタコスプロケット16T

ちなみにキタコの420 16Tの重さは105gでした。

16Tでも純正スプロケットより少し軽いですね。

 
モンキー125スプロケットカバー

それではさっそく取付作業編・・

とりあえず車体左側にあるスプロケットカバーを外すのですが

黄矢印のボックスが邪魔なので先に外しておきます。

それから赤矢印のキャップボルトを2本外します。

 
モンキー125ドライブスプロケット

ドライブスプロケットが現れました。

スプロケットは六角ボルト(10ミリ)2本で固定されているので外します。

少し奧にボルトがあるのでディープソケットか

エクステンションバーを使わないと外しにくいですよ。

 

ボルトが外れたら手前のプレートを少し回して

歯を動かす事で手前に外れるようになります。

 

あとはスプロケットを手前に持って来て

チェーンを外して回収します。

スプロケットは油でベトベトですよ。

 

新しいスプロケットに取り替えて元に戻すだけですが

シャフトにあっさり通す事が出来ない場合がほとんどなので

この状態でシャフトにスプロケットを軽く押しつけながら

少し車体を進ませてスプロケットを回転させて

スプロケットの歯とシャフトの歯が噛み合えば

スポっと簡単に入ります。

 

後は逆の手順で戻すだけです。

ボルト自体はM6程度なので

あまり力を入れて締め付け過ぎないように注意してください。

 

取付が完了しました。

ここで車体を軽く進ませながらチェーンルブ

スプロケットの歯に向かってチェーンの上から一周分吹いておけば

スプロケットが長持ちしますよ。

 

スプロケットカバーを元に戻す時は

ガイドプレートが落ちやすいので

このようにボルトを先に挿して車体に戻す事で

ガイドプレートがズレにくくなりますよ。

ちなみにこのスプロケットカバーは内側が綺麗ですが

ここが車体の中で一番汚れる所なので

カバーを外したついでに

ブレーキクリーナーを吹いて清掃しておきます。

 

Vol.1 > Vol.2 > Vol.3

 

HOME - GARAGE - Monkey125 - Drive sprocket