HONDA モンキー125 ドライブチェーンの交換 Vol.1

HOME - GARAGE - Monkey125 - Drive chain

モンキー125ドライブチェーン

今回はモンキー125のドライブチェーンを交換します。

チェーン交換は初めての人にとっては

ハードルが高そうに思えますが

モンキー125のチェーンサイズはちっこい420サイズなので

ロードバイクのチェーン交換並に簡単ですよ。

今回用意したアイテムは

キタコ(KITACO)のライトウェイトドライブチェーン(534-4201100) で

グロム用なので110リンクと120リンクの2種類がありますが

モンキー125純正のチェーンは98リンクなので

110リンクで余裕で足ります。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にしてください。

 

箱を開けるとグリス漬けになったチェーンと

クリップジョイントが付属しています。

ゴールドの部分のアウタープレートの側面だけでも

グリスを拭き取っておくと見た目が良くなりますが

グリスはかなり硬めなので拭き取りにくいです。

 

純正のチェーンと同じ長さの98リンクに合わせるなら

この時点で上の写真のように110リンクから

12リンク分を切断すれば

チェーンの交換作業が非常にスムーズに進みますよ。

リンクの数え方はプレート一枚分で1リンクになります。

チェーン同士を繋げる為にも必ずチェーンの端が

インナープレート(シルバーの内側のプレート)に

なるようにカットするので2リンク単位で長さを調整する事になります。

今回はスプロケットの歯数を変えている事を前提に

車体に合わせてチェーンの長さを調整する方法で作業します。

 

キタコのライトウェイトドライブチェーン(110リンク)

の重さはペーパーの分を引くと805gでした。

インナープレートに穴が空いていたりと

軽量を謳ったチェーンですが

モンキー125の純正チェーンより約14gほど重いです。

チェーンの重量の違いは20g前後の話なので

あまり気にしなくても良いです。

 
モンキー125アクスルシャフトナット

それではさっそく作業編です。

ドライブチェーンを交換すると

たとえ同じリンク数のチェーンに取り替えたとしても

伸びていないのでチェーンの張り調整をする必要があります。

作業をスムーズに行うためにもチェーンを予め緩めておきます。

まずは車体右側にある

アクスルシャフトのナット(19ミリ)を緩めます。

完全に外す必要はないですよ。

 

アクスルシャフトが供回りしてナットが緩まない場合は

左側のアクスルシャフトの頭(14ミリ)を

押さえてながらナットを回します。

ちなみにナットを締める時にも供回りする可能性がありますよ。

 

後輪を持ち上げた時に車体をより安定させるには

ブレーキロッカーを使ってください。

紐やリピートタイでも代用出来ます。

 

後輪をメンテスタンドを使って持ち上げます。

べつに後輪を持ち上げなくてもチェーン交換は出来ますが

車体を前に動かさないといけなくなるので

広いスペースが必要になりますよ。

後輪を回してクリップジョイントが

作業しやすい所に来るまでチェーンを動かします。

 

チェーンリンクプライヤーを使ってクリップジョイントを外します。

ラジオペンチ等でも代用出来ますよ。

 

こんな感じでクリップがズレて外れるようになります。

 

外側のプレートを外して

裏からリンクプレートを外すとチェーンが切れます。

 

Vol.1 > Vol.2 > Vol.3

 

HOME - GARAGE - Monkey125 - Drive chain