HONDA モンキー125 エンジンオイルの交換 Vol.1

HOME - GARAGE - Monkey125 - Engine oil

モンキー125のオイル交換

今回はモンキー125のオイル交換を行います。

モンキー125にはオイルフィルターが無く

ストレーナー(網)があるだけなので

通常ではストレーナーの清掃を行う必要はなく

オイル交換のみの作業になります。

オイル交換に最低限必要なアイテムは・・

エンジンオイル1L缶×1本

エンジンオイルは0.9L必要です。

M12のドレンワッシャー(純正型番:90407-259-000)

M12のワッシャーなら使えるので

純正品に拘る必要はありません。

廃油ボックス小

くらいですね。

 
オイルポイパック

まず始めに廃油ボックスの吸収材(綿)を

半分ほど適当な袋に分けます。

小の廃油ボックスでも2.5Lもの廃油を吸収出来るので

1L未満の廃油しか出ないモンキー125には

余裕でオイル交換が2回出来る吸収材の量があります。

非常にセコい作業ですがやっておきます。

 
モンキー125ドレンボルト

それではオイル交換作業にはいりますが

真冬の寒い季節だとオイルが硬くなっているので

5分ほどアイドリングさせておきます。

暖かい季節なら何もしなくても良いです。

矢印のボルトがオイルのドレンボルト(17ミリ)です。

 

予めドレンボルトの真下に廃油ボックスを敷いておきます。

ダイレクトに廃油ボックスを置いても

作業をするには十分なスペースがあります。

 

工具を使ってドレンボルトを軽く緩めます。

このようにモンキー125では

ドレンボルトのまわりをエキゾーストパイプが囲っているので

アイドリングをさせたり、走ったすぐ後に

オイル交換をする場合はエキゾーストパイプが

火傷しない程度に冷えてから作業を行って下さい。

工具を回すのにもエキゾーストパイプが邪魔なので

長いエクステンションバーを使って

エキゾーストパイプの下から作業を行った方が良いですね。

 

ドレンボルトを工具で少し緩めたら

後は素手でボルトを外します。

 

手にオイルを付かないようにする最善の方法は

真下にそのままドレンボルトを落とす事です。

しかし、吸収剤の中にドレンボルトが入り込むと

回収する時に手が汚れる事になるので

このようにキッチンペーパーを1枚上に敷いておくことで

ドレンボルトを簡単に回収する事が出来ますよ。

ドレンボルトが横に転がらないように

キッチンペーパーの真ん中をへこましておきます。

 
モンキー125オイル交換

ドレンボルトを外すとオイルが流れてきます。

 

想像した通り・・オイルの勢いが無くなって

ポタポタ落ちる状態になったらエキゾーストパイプに

垂れてきますね・・

この事を想定して廃油ボックスは横向きに

置いた方が良いですね。

そしてここで、エンジンオイルを搾り取る為に

車体をサイドスタンドの反対側(車体右側)に

出来るだけ傾けます。

いくら軽いモンキー125と言えども

腕力に自信がない人は無理しないでくださいね。

あと廃油ボックスの位置にも気をつけないと

オイルを地面に漏らしてしまいますよ。

 

そしてゆっくり元に戻すと

オイルの勢いが復活してまた流れてきます。

ちなみにサイドスタンドを起こして

スタンド側(車体左側)に傾けてもほとんど落ちてきません。

これで規定量よりも100mlほど多い

1Lほどのオイルを抜く事が出来ます。

 

Vol.1 > Vol.2

 

HOME - GARAGE - Monkey125 - Engine oil