シグナスグリファス クランスケースの分解 Vol.1

HOME - GARAGE - GRYPHUS - Crankcase

シグナスグリファス駆動系

今回はシグナスグリファスのクランクケース内を分解します。

ナックルガードと一体化したウインドスクリーンを製作します。

 
シグナスグリファスクランクケースカバー脱着

まずはエアクリーナーボックスを固定している

六角ボルトを2本外してから

それから樹脂カバーを固定しているプラスのボルトを外します。

 

初めてプラスのボルトを外す場合は

一般的なプラスドライバーで外すと力が入れにくいので

ボルトが硬すぎてネジ山を潰してしまう可能性が高いです。

なのでラチェットハンドルに

プラスドライバーのビットを付けて外した方が良いですね。

その場合でも写真のように

プラスの溝にピッタリ合うビットを使います。

 

樹脂カバーのボルトが全て外れたら

あとは上にあるエアクリーナーボックスの溝に

刺して固定してあるだけなので

下斜めにスライドさせつつ抜き取ります。

 

次は固定が外れてグラグラしているエアクリーナーボックスを

適当な紐かリピートタイを使ってリアサスペンションに吊しますが

出来るだけ上に固定し

クランクケースカバーの脱着時に

邪魔にならないようにしておきます。

 
シグナスグリファスクランクケースカバー

次はクランクケースカバー本体を外すので

まわりにある全ての六角ボルトを外しますが

黄色いクランクケースフィルターは外れやすいので

先に外しておきます。

 
シグナスグリファスラジエターカバー重量比較

次はクランクケースカバーを外すのですが

リアインナーフェンダーが

クランクケースカバーの右端に引っかけてあるので

手前に浮かして外し上の方に除けておきます。

 

後はクランクケースカバーの指を引っかけられる所に引っかけて

左右均等に水平に手前に抜き取ります。

固着して外せない場合は

ゴムハンマーを使ってクランクケースカバー全体に

振動を与えてから外します。

 
シグナスグリファスクランクケース内

これでクランクケースカバーが外れました。

 

Vol.1 > Vol.2 > Vol.3 > Vol.4 > Vol.5