シグナスグリファス トランスミッション(ギア)オイル交換

HOME - GARAGE - GRYPHUS - Gear oil change

シグナスグリファスファイナルギアオイル交換

今回はシグナスグリファスの

トランスミッションオイル(以下ギアオイル)を交換します。

ギアオイルと言ってもエンジンオイルを使うのですが

0.1Lしか使わないので

エンジンオイルに0.9Lを使った残りを使えば

ちょうど1L缶を使い切ることが出来ますよ。

ちなみにギアオイルの交換サイクルは

走行距離が1万Km毎の交換を推奨しているので

実際にはエンジンオイル交換3回に対して

ギアオイルを1回交換するサイクルになります。

 

まずはギアオイルを抜くので

下にオイル受け皿か廃油ボックスを置いて

もっとも下にある六角ボルトを

12ミリの工具を使って1周ほど緩めます。

ちなみにセンタースタンドを使うと

オイルがタイヤに垂れてしまう可能性があるので

必ずサイドスタンドを使って下さい。

 

後は素手でボルトを回して抜き取ります。

 

このくらいの勢いでギアオイルが落ちてきます。

写真のように車体側にドレンワッシャー(パッキン)が

残ることがあるのでオイルの勢いが無くなったら外しておきます。

大抵ここには銅ワッシャーが使われているのですが

アルミのワッシャーに変わってますね。

 
シグナスグリファスギアオイルフィラーキャプ

エンジンオイルと同じで

フィラーキャプを少し浮かせると大気圧が掛かるので

さらに勢い良くオイルが落ちてきます。

 

ボルトに新品のワッシャーをセットします。

今回はM8の汎用品のドレンワッシャーを使いました。

純正品と比べて少し幅が狭めですが問題ありませんでした。

幅の広いピッタリサイズのワッシャーを使いたい場合は

ヤマハの純正品だと90430-08804(アルミ製)で

ホンダの純正品だと90495-MN5-000(銅製)がピッタリです。

 

オイルがほとんど出てこなくなったら

最初は素手でボルトを回して元に戻し

最後に工具で締め付けます。

規定締め付けトルクは20N-mですが

オイルが多く付着している状態だと摩擦抵抗が少なくなって

締め付けすぎてしまう可能性がありますよ。

なので1/4回転以上は締め付けないように注意します。

万が一オイル漏れが発生しても滲む程度ですし

見てすぐに分かる場所なので

その場合は1/16回転ほど増し締めすれば止まります。

 

今回はエンジンオイル交換に使った残りの0.1L(100mL)を

オイル差しに入れて使います。

 
シグナスグリファスギアオイルを注ぐ

フィラーキャプを外して

0.1Lのエンジンオイルを全て注げば作業完了です。

 
  
 
 
 

HOME - GARAGE - GRYPHUS - Gear oil change