Rebel 1100 DCT バックシートの取付

HOME - GARAGE - Rebel1100 - Seat

レブル1100バックシート

今回はレブル1100DCTのシートを交換します。

レブル1100のシートはお尻がくぼみに

はまっているような独特な窮屈感がありますよね。

それを今回は改善してみたいと思います。

という事で用意したアイテムは

ホンダ純正オプションのバックシート(08R74-MLA-J00ZA)です。

キルト加工されたタイプ(08R75-MLA-A00ZB)もありますが

純正と同じPVCレザーの生地を選びました。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にして下さい。

 
バックシート08R74-MLA-J00ZA比較

左:バックシート  右:純正シート

バックシートの特徴的には

説明書きにもあるように後ろの部分の出っ張りを

フラットな形状にする事で

後ろからの押され感が無くなり

座る位置の自由度が後ろに広がる形状になっていますが

よく見てみると前側の形状も変わっていて

後ろと同じように出っ張りが低くなっていて

前から後ろにかけてフラットな形状になるように作られているので

座る事の出来る有効的な座面が

シート全体的に広くなっていました。

 

大抵のローシート等は

裏側のブッシュ類が付いていないので

純正シートから移設させる必要がありますが

今回のバックシートは全てのブッシュ類が付いているので

何も作業をする必要がありませんよ。

 
レブル1100バックシート重量

左:バックシート 1202g  右:純正シート 1234g

クッション部分のウレタンを

削った分だけ軽くなっている感じですね。

 
レブル1100シート比較

左:純正シート   右:バックシート

実際に車体に取り付けるとこんな感じになりました。

表面の生地が張っている状態なので

見た目と実際のウレタンの形状は違いますが

座ってみると後ろからの押され感が無くなり

座面が明らかに広くなっている事が分かりました。

そもそも純正シートとしてこのバックシートを

最初から採用しろよ・・なんて思うのですが

過去にCBR250R(MC41)では

初期型のメーカーオプションであったローシートが

のちに後期型で純正シートとして採用された例があるので

このバックシートもいずれは純正シートとして

採用される可能性がありますね。

 
レブル1100バックシートカスタム

ハンドルバーの位置を変えていない場合は

純正シートの後ろからの押され感はむしろ

ハンドルに手を届かせるアシスト的な感じになるので

体格が小柄な方には体の支えにもなるのですが

ハンドルの位置を近づけて腕に余裕が出来ると

その押され感が逆に窮屈に感じるようになります。

なのでこのバックシートは

元々腕に余裕がある大柄な体格の方や

ハンドルバーを近づけたカスタムをした車両で

より座面が広がった効能を発揮する事が出来ると思います。

 

HOME - GARAGE - Rebel1100 - Seat