Rebel 1100 DCT 動力性能の検証

HOME - GARAGE - Rebel1100 - Engine performance

Rebel1100パワーユニット

今回はレブル1100DCTの動力性能を検証します。

様々な角度からエンジン性能を比較する事で

レブル1100DCTの加速力を可視化したいと思います。

 
Rebel1100最高速度

最高速度

まずは最高速度のテストを行いましたが

メーター読みで時速170Km/hで

GPSの速度計では時速161Km/hでした。

エンジン出力の割には

あまり最高速度が伸びなかったので

やはり車体の形状的にも空気抵抗が大きいと思われます。

5速の時点で最高速度に到達しているので

ローギヤード化する余裕がありますね。

 
レブル1100レブリミット

エンジン回転数のレブリミット

タコメーターのレッドゾーンは7800回転ですが

実際に回せる限界の回転数は8400回転でした。

ATモードではアクセルを全開にしても

早めにシフトアップするので7800回転も回りませんが

MTモードだと8400回転まで回せます。

ちなみにMTモードではレブリミットに当たっても

勝手にシフトアップしませんよ。

 
レブル1100_0-100Km/h加速データ

0-100Km/h加速

次はレブル1100の0-100Km/h加速です。

まず、ここでのレギュレーションとして

MT車では停車時から2000回転前後でクラッチを繋ぎ

スクーターでは車体が進み始めてから計測しているので

実用的な加速性能を表していますが

DCTの車両ではスクーターと同じく

車体が少しでも動いた所から計測しています。

長年、スズキのGSX1300R 隼(赤線)が

最速記録を保持していましたが

ついに記録を塗り替える車両が現れました。

それがまさかのレブル1100DCT(黒線)で

0-100Km/h加速のタイムは

隼の記録を0.1秒上回る3.4秒でした。

最高速度こそ250cc最速クラスの

CBR250RRやZX-25Rに余裕で負ける速度でしたが

0-100Km/h加速では想定外に速く

発進した直後から驚異的な加速力を持っている事が分かります。

しかし、グラフをよく見ると時速90Km/hから

明らかに加速力が落ちているのが分かるので

ギリギリ逃げ切った感じですね。

ちなみに今回はATモードで記録を出しましたが

2速までしか使わない0-100Km/h加速では

MTモードとのタイム差はありませんでした。

 

ちなみに余裕で時速300Km/hを出せる隼や

CBR1000RR-Rのようなモンスターマシンが

レブル1100DCTに勝てなかった理由は

1速目のギア比が重く、時速80Km/hあたりからやっと

エンジンのパワーバンドに乗るので

時速100Km/h程度では

エンジン出力のほとんどを使い切れないからですね。

あと、ホンダのCB400SFと

カワサキのNinja400の差を見ても分かるとおり

スタートダッシュでは4気筒エンジン勢よりも

2気筒エンジン勢の方が明らかに速いです。

それでも0-100Km/h加速が速い

4気筒エンジンの車両も存在するのですが

その理由は隼のようにそもそも排気量が大きい事や

CBR650Rのようにちょうど1速レッドゾーン手前で

時速100Km/hに到達するような

0-100Km/h加速に最適なギア比だったりと

必ず速いなりの理由というか条件があります。

 

レブル1100DCTの0-100Km/h加速タイムが速かった理由は

そのすべての条件が揃っていた事が要因だと思います。

そもそも、パワーユニット自体が

トルクモリモリの1100ccの排気量と

低回転域が得意なOHCの2気筒エンジンの組み合わせである事や

2速を使い切る所で時速100Km/hに到達する

0-100Km/h加速に最適なギア比であった事

さらにはDCTにより1速から2速に変速する時のロスが

ほぼゼロだった事ですね。

あと、重い車重や長いホイールべースにより

フロントがリフトしにくいので

大きなトルクを地面に確実に伝える事が出来ました。

それでもTCSの電子制御が入った状態だと

アクセルを強制的に戻される事があったので

予め計測時には電子制御を切りました。

これだけ0-100Km/h加速に最適な条件が揃った車両は

なかなか他に無いと思うのでガソリン車ではおそらく

レブル1100DCTの記録を破る車両は

もう出てこないかもしれませんね。

 

HOME - GARAGE - Rebel1100 - Engine performance