HONDA モンキー125 アクスルカラーの交換 Vol.1

HOME - GARAGE - Monkey125 - Axle color

モンキー125アクスルカラー

今回はモンキー125のアクスルカラーを交換します。

そもそもアクスルカラーってどこに使われている部品なんだよって

思われる方もいるかもしれませんが

アクスルカラーはホイールとフロントフォーク

又はスイングアームとの間のスペーサーでもあり

ダストシールと密着させる事により

ホイールのベアリングに砂やホコリが付着するのを防いでいます。

今回用意したアイテムは

キタコ(KITACO)のアスクルカラーセット(093-1432330)です。

フロントとリアのセットを買いましたが

前後別々でも売っているので注意してください。

カラーはブラックとゴールドの2色から選べます。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にしてね。

 

まずはモンキー125純正のフロント側の

アクスルカラーを量ってみると69gでした。

左側、右側とも同じ物ですね。

 

キタコのアルミ製アクスルカラーだと21gでした。

左右でたったの96gの軽量化なんですが

1/3以下の重量になっています。

 

次はリア側にあるモンキー125の純正アクスルカラーを

量ってみると左側が74gで右側が56gでした。

リア側は左右で形状が違っています。

 

キタコのアルミ製アクスルカラーだと

左側が29gで右側が26gでした。

当然軽くはなりましたがフロント側ほど軽量化は出来ていませんね。

 

問題はリアの右側のアクスルカラーなんですが

純正と比べると明らかに少し長いので使えませんでした。

ここの部分だけ純正のカラーを使いました。

 

Vol.1 > Vol.2

 

HOME - GARAGE - Monkey125 - Axle color