HONDA モンキー125 スパークプラグの交換

HOME - GARAGE - Monkey125 - Iridium plug

モンキー125イリジウムプラグ

今回はモンキー125のスパークプラグを交換します。

スパークプラグの交換サイクルは

3000Km~5000Kmと言われていますが

今回は点火系のチューニングとして積極的に

高性能なスパークプラグに交換したいと思います。

という事で今回用意したアイテムは

NGKのイリジウムプラグ CPR7EAIX-9です。

アマゾン と 楽天市場 の価格を参考にしてね。

 
JB02モンキー125純正プラグ

モンキー125の純正プラグ(CPR6EA-9)が上で

下が今回交換するイリジウムプラグ(CPR7EAIX-9)です。

もはやイリジウムプラグは標準のプラグとして

世の中に浸透しましたが

残念ながらモンキー125は昔ながらのプラグです。

で・・モンキー125の取説には標準と高速の

2つのスパークプラグの型番が指定されていて

今回交換するイリジウムプラグは

純正プラグよりも熱価が1つ大きい

高速向けのスパークプラグになります。

ちなみに標準のイリジウムプラグだと

CPR6EAIX-9Sになります。

高速が良いのか標準が良いのかは

実際に走った後に

プラグの焼け具合を見るしか判断出来ませんが

時速60Km/h以内の走行なら標準の指定プラグで

問題ないと思います。

 
2018モンキー125プラグ交換

それではさっそく作業編です。

まずはプラグコードを外します。

 

プラグが出てきました。

 

16ミリのプラグレンチかソケットで外します。

モンキー125には車載工具の中に

プラグレンチが無いので予め用意する必要がありますよ。

工具は最後まで差し込むとエンジンに当たるので

当たるちょっと手間で回します。

 

スパークプラグが抜けました。

中にゴミが入らないように素早く新しいプラグを挿します。

 

とりあえず手で回せる所までプラグを回します。

 

仕上げに16ミリの工具を使い

規定の1/2回転ほど締め込みます。

この写真で言えば工具を12時の方向まで回しますが

10時~11時の方向くらいで手応えが重くなれば

それ以上は締める必要はありません。

とにかくネジ穴をなめさせない事がもっとも需要です。

ちなみに一回使ったプラグを付け直す場合は

すでにガスケットが潰れた状態なので

1/16回転程度工具で締め付ければ十分です。

後はプラグコードをしっかり差し込めば作業終了です。

 

イリジウムプラグに交換した事で

違いを万人の人が体感できるかどうかは

かなり厳しいのですが

アクセルを開かずにクラッチを繋げて

発進させた時のエンジンのストール具合が

少しマシになったかな・・

くらいの違いは感じるので多少は発進時に

エンストしにくくなったのではないでしょうか。

2018年の最新のマシンにイリジウムプラグが

入っていない事が許せないので

何よりもイリジウムプラグが入っているだけで

気分が良いですね。

 
 
 
 
 

HOME - GARAGE - Monkey125 - Iridium plug