SUZUKI GSX250R ヘッドライトバルブの交換 Vol.1

HOME - GARAGE - GSX250R - Headlight bulb

 
 
PIAA高効率バルブ

今回はGSX250Rのヘッドライトバルブを交換します。

純正バルブが球切れした訳ではありませんが

高効率バルブに交換することによって

外灯の無い夜間の山道でも

良好な視界を確保するのが目的です。

様々な道路状況に対応する為にいつもは

色温度が4000K~4500Kのバルブを選びますが

GSX250Rはヘッドライトの両脇に独立したLEDの車幅灯があるので

LEDとの色温度の差を考えて今回はビジュアル重視で

高めの色温度のバルブを採用する事にしました。

自動車用のバルブという事で2個入りなので

1個は予備として持っていると2倍長持ちさせられますね。

今回用意したブツは

PIAAのストラトスブルー 5500K(HZ401)です。

ハイビームが130W、ロービームが120W相当の明るさになります。

アマゾン や 楽天市場 の価格を参考にしてね。

 
PIAA高効率バルブ

今回はこのシリーズで一番色温度が高い

6000Kのバルブ(HZ501)も同時に試してみましたよ。

5500Kよりもレンズの青色が濃くなっているので

5Wだけ暗くなって125/115W相当の明るさです。

 
H4バルブ比較

GSX250Rにはハイビームとロービームが一体となった

H4バルブが採用されています。

もちろん右端がGSX250Rの純正バルブです。

真ん中と左端のどちらかが6000Kと5500Kのバルブなんですが

見た目ではほとんど違いが分かりませんよね・・

 

それではバルブの取替作業編です。

あえてカウルを外さずに手抜き(最速)でバルブを交換してみます。

バルブの場所を目視出来る所はメーターパネルの両脇からと

ヘッドライトの下あたりからのぞき込む感じになるので

ほとんどが手探りで作業をする事になりますよ。

 
GSX250Rヘッドライト裏

まずはヘッドライト下から覗いて

だいたいの場所を把握しておきます。

まず始めに外すのはバルブに接続された黄矢印のソケットです。

その次に赤矢印のゴムカバーを外すと

バルブ交換が出来る状態になります。

ちなみに水色の矢印は光軸調整をするネジです。

 

まずは車体左側にまわり

メーターパネルの隙間から見るとこんな感じです。

手を突っ込んであの矢印のソケットを

車体後方に引っ張って外します。

フロントフォークが邪魔になるので

ハンドルは左一杯に切っておきます。

 

H4バルブのソケットはそもそも硬いのですが

GSX250Rのソケットはその中でも特に硬いので

かなりの豪腕でないと外せませんよ・・

そこでちょっとしたテクニックとして

17ミリほどのスパナを使ってソケットを外します。

ソケットの両脇に段差があるのでそこにスパナを

引っ掛けて矢印のフレームを支点にして

グイっと車体後方に押し出せば簡単に外れますよ。

出来るだけ両手を使って作業をして

スパナをサポートしてくださいね。

 

ソケットが外れました。

ソケットの端に段差があるのが分かるでしょうか・・

そこにスパナを引っ掛けてください。

 

Vol.1 > Vol.2